【観覧注意】”ヤリすぎ”20代女性に増加!!梅毒とはどんな病気?

シェアする

性感染症の梅毒が20代の女性に急増しています!!

近年は患者数が1000人を切っていましたが2017年に入り5000人を超えています・・・

避妊具を使用せずにヤリすぎなのでしょうか・・・

それとも他に原因が???

スポンサーリンク

梅毒の原因

出典;マイナビウーマン

梅毒は「梅毒トレポネーマ」を言う細菌に感染して発症します。

性的接触により”粘膜、傷口、口や肛門”からも感染する病気です。

患者は20代〜40代の男性が多く、同性間の性交渉によっての感染が目立っていましたが、

現在では異性間での感染が目立ち、20代の女性に感染が増加しています。

風俗やAV業界などの性産業に携わる男女に多いと言われてます。

梅毒の症状

梅毒の症状には段階があります。

1期梅毒

出典;マイナビウーマン

感染から3〜6週間で感染部位に潰瘍ができたり、股関節付近や首のリンパ節が腫れたりします。

潰瘍は痛みを伴わないことが多く、特に女性は気づかない場合が多いです。

気づかないからこそ医療機関にかかる時期と発見が遅れてしまいます・・・

2期梅毒

出典;ダイヤモンド・オンライン

3か月たつと、バラの花びらが散ったような「バラ疹」という赤っぽい発疹が現れます。

皮膚が盛り上がる発疹や首のリンパ節の腫れが出ることもありますが、通常は痛みやかゆみはありません。

これも発見が遅れる可能性がありますね・・・

これらの1~2期の症状は自然に消えますが、菌は体内で増殖して人に感染させる危険性が高いです。

髄膜炎や目、脳の異常が出ることもあります。

晩期梅毒

出典;好奇心スタイル

治療せずに放置すると感染から数年から数十年で症状が出てきます…

弁膜症などの心臓の病気や、認知症のような脳の障害、失明など重い症状が出ることがあります。

治療せずに放置すると、弁膜症などの心臓の病気や、認知症のような脳の障害、失明など重い症状が出ることがあります。「晩期梅毒」といい、感染から数年~数十年後に症状が出ます。

スポンサーリンク

梅毒の治し方

感染すると血液中に菌を攻撃する抗体ができます。

感染の有無は、採血して抗体の量(抗体価)を測って診断します。
治療にはペニシリン系の抗菌薬を服用します。

服用後、高熱が出ることがありますが、飲みきることが重要です。

薬を飲めば菌は排除できて症状も治まりますが、治療が遅れれば後遺症が残ることがあります。

早めの治療が鍵となります・・・

人間である以上、エイズなどと同様に性病はなくなりづらいのかもしれません。

避妊具の使用など、個人個人で予防する事でしか避けられませんね・・・

皆さんは身に覚えはありませんか????

スポンサーリンク