イレブンスリー’18暴走vs大阪府警 11月3日に国道封鎖!!

シェアする

今年も11月3日がやってきます。

西日本では有名な、全国ニュースでも取り上げられる”非公式イベント”が行われるのでしょうか。

しかし迷惑行為でもあるこの「イレブンスリー暴走」。

警察は国道封鎖という策で、「今年はゼロに」と意気込んでいます。

イレブンスリー暴走とは??

イレブンスリー暴走とは、毎年11月3日に車やバイクで暴走する行為です。

なぜ11月3日なのかということはわかっていません。

が、元総長の命日が11月3日で、その追悼のためという説が多く言われているようです。

スポンサーリンク

会場 発生現場

ではこの暴走行為、毎年どこで行われているのでしょうか。

出典:朝日新聞

現場は、国道26号の一部区間です。

この間をクラクションを鳴らすなどして騒いでいます。

近隣住民からは苦情が多発しています。

国道26号線も真っ直ぐな道路で走行しやすそうに感じます。

ただ、周辺には店舗やマンションなどの住宅もある事がわかります。

毎年、野次馬対策として近隣店舗の閉店が願い出されているようです。

スポンサーリンク

2018年の警察の対応

大阪府警は、国道26号中井町―西之内町南交差点間の車道約2キロを11月2日午後10時頃から3日午前5時頃まで封鎖するとの事です。

警察官も520人を投入し、状況次第で最大約11.8kmまで延長するとの事です。

出典:朝日新聞

最近の対策と結果は??

大阪府警の対策として、

2016年には、

今回と同じく2kmを通行止に。

暴走は約20台野次馬は400人弱でした。

2017年には、

暴走車両はありませんでした。

(周辺にはそれらしき車両確認)

野次馬は40人程度と大幅に減っています。

果たして今年は警察の対策が功を奏するのか。

そしてこれからのイレブンスリー暴走は??

スポンサーリンク