【知らなかった…】ゴジラ、大ヒットに隠された都市伝説とは・・・

シェアする

2016年に公開された「シン・ゴジラ」が大ヒットを記録しましたね!!

テレビ放送でも高視聴率を記録して今や国民的人気キャラクターです。

そのゴジラの都市伝説を皆さんご存知ですか??

スポンサーリンク

ゴジラ都市伝説

驚くものからズッコケるものまで、ゴジラの都市伝説はたくさん存在します。

その中からいくつか・・・

ゴジラの無き声は…

出典;lineblog.me

ゴジラの声は作曲家の「伊福部昭」(いふくべあきら)が作曲しました。

どこか特徴的なあの声は、”松やに”を塗った革手袋でコントラバスの弦をこすった音を逆回転させたり、スピードを変えたりなどして作られたらしいです。

ゴジラのテーマソング

出典;CSLBOOK

1度聞いた忘れられない、どこか奇妙なゴジラのテーマソングですが、あの音楽が「緊急地震速報」のモデルになっています!!

緊急地震速報を作った伊福部逹(いふくべとおる)は、ゴジラのテーマソングを作った伊福部昭は甥だったのです。

伊福部達が幼い頃から”叔父さん”が作ったゴジラの音に馴染みがあり、人々に与える恐怖と緊張感をゴジラをヒントに作られていると言われています。

まさか同じ親族だったのですね。

スポンサーリンク

ゴジラは空を飛ぶ!?

モスラやラドンなど空飛ぶ怪獣も登場していますが、ゴジラ自身が飛ぶなど考えられますか?www

1971年に公開された「ゴジラ対ヘドラ」内で初めて飛びました!!

それがこちらです。

出典;blogs.c.yimg.jp

口から噴射して飛ぶんですねwww

しかも結構、低空飛行なのです・・・

これを映画館で観せられたらどのような気分なのでしょうかwww

旧・ゴジラからシン・ゴジラ

ゴジラが生まれたきっかけ

ゴジラはシリーズによって生まれたきっかけが変更されています。

初代ゴジラは、水爆実験の影響で住んでいた環境を破壊されて地上に現れたようです。

その後のゴジラも、水爆実験により突然変異、太平洋戦争で亡くなった人間の怨念の集合体などとされています。

ゴジラの大きさ

出典;pic.twitter.com/mIfStbQ3fp

初代ゴジラは50mです。

そしてシン・ゴジラは118.5mと倍になっています!!

これらは時代の流れで高層ビルの大きさに比例して大きくなっているようです。

確かに初代ゴジラが現代の東京にいても少し小さいかもしれないですwww

現代にマッチした「シン・ゴジラ」

初代ゴジラは原爆・水爆を背景にしてあるかと思います。

そしてシン・ゴジラの背景には「東日本大震災」があると言われています。

庵野秀明総監督は震災の資料や各省庁、小池百合子女子に取材をされたようです。

「ゴジラ」は人々の何かの象徴です。

原爆や戦争、震災などの恐れが現れています。

現代人は数年前に起こった震災が脳裏にありますよね。

シン・ゴジラでは”そこ”を抑えつつ、今までになかったSNS時代を味方につけています。

題名の「シン・ゴジラ」というシンプルさと、それを裏切るリアリティがウケました。

普段生活の中で(SNSなど)ゴジラブームを感じ、人々は心の奥底の恐れを感じたことがブームにつながったのでしょう。

ブームの裏には人々を動かす”何か”があるのですね!!

そこに注目するのも面白いかもしれませんねwww

スポンサーリンク