北海道で震度6強!! 避難生活で役に立つ意外なものを紹介!!

シェアする

9月6日、午前3時8分頃、北海道で最大震度6強の地震が発生しました。

西日本では大型台風の爪痕が残ったばかりです。

現在の状況は??

そして、後に避難所で生活をされる方も出てくるかと思います。そんな時に役に立つ意外なモノを紹介します。

スポンサーリンク

今回の地震の状況

現在わかっている状況です。

6日午前3時8分ごろ北海道で、震度6強の地震があった。気象庁によると、震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。津波被害の心配はないという。その後も震度1~4の地震が断続的に続いた。

出典;日刊スポーツ

台風被害も酷かったですが、

間髪入れずに大地震が襲いました。

震度6強とは、

・何か物に這わないと動くことすらできない。

・固定していない家具類はほとんど移動する、転倒する。窓ガラスやタイルが崩壊する。

・補強されていないブロック塀が崩壊する。

・木造ではひび割れや亀裂、耐震性の低いものでは傾いたり倒れるものが多くなる。

・広い範囲でガス、水道、電話、エレベーター、鉄道や高速道路などのインフラに影響が生じる。

・大きな地割れや地すべりが起こる。

などの影響が出るレベルです。

ニュースなどを見ると、

停電などのインフラの影響、

家屋の倒壊や地すべりによって家屋が押しつぶされるなどの被害が出ています。

この他、

・北海道庁や消防によると地震の影響で、

・苫小牧市の82歳の男性が自宅階段を転げ落ち、心肺停止。

・厚真町では住宅5軒の倒壊が確認、下敷きになった住人がいるとみられている。

・札幌市でも住宅2軒が倒壊。

・室蘭市の石油コンビナート施設では火災が発生し、消防が消火活動をしている。

との情報も入ってきています。

夜中に発生、そして余震も続いており、

被災地の方々はまだ神経を尖らせている最中でしょう。

まずは一人一人の命を守る行動で生き延びて頂きたいです。

スポンサーリンク

避難所で意外に役立つ以外なモノ!!

家屋の被害がひどいようなので、

避難所で生活を送る方が多く出てくることが予想出来ます。

日本では過去にも大きい地震が発生しており、

その中でも避難生活が大きなストレスを引き起こします。

水や食品などは用意する人が多いと思いますが、

あったら助かる、意外な役立つモノを紹介します。

・耳栓、アイマスク・・・

学校の体育館一部屋で家族、集団で寝泊まりすることがあります。

ただでさえストレスなのに、一番我慢出来ないこと、

それはイビキです。

漫画喫茶で経験した人も多いのでは無いでしょうか。

壁の仕切りが無い中で、隣でガーガー音をたてられては我慢なりません。

中にはケンカになりかねませんね。

あとはアイマスクもあると、外部からの情報を遮断できて快眠につなぐこともできます。

ただし、

家族全員で目と耳を塞ぐと盗難などの被害につながりかねません。

1人は見張りを立てるといいでしょう。

(そんな状況で盗みを働くヤツなんているのでしょうか??

いたとしたら重罪ですが・・・)

・水を使わない身体拭き、シャンプー・・・

水が貴重品になり、お風呂に入れない日々が続きます。

そんな時に身体を拭くシートや、

洗い流さないシャンプー、

身体をふける低アルコールなどがあるとリフレッシュできます。

・ラップフィルム・・・

食品で使うアレです。

お皿を洗う水が勿体無いので、

お皿にラップを巻いて、そのまま捨てることができます。

その他傷口に巻いたり、貴重品に巻いて守ったり、

何かと使い勝手が良いです。

(元々ラップは水虫対策として発明されたと言われていますね)

・おもちゃ・絵本・・・

小さい子がいる家庭では、

子供がグズル事が困ることがある様です。

その時に子供が遊べるものがあると役に立ちます。

大人からしたら緊急事態かもしれませんが、

子供が退屈してしまうのも仕方ないです。

(子供には子供のストレスがあるのかもしれません)

ただし、

集団避難所で音が出るおもちゃは絶対避けましょう。

想像つきますよね。

確実にケンカや、

最悪は何かしらの被害を受けかねません。

スポンサーリンク

避難所にて

役に立つ製品は他にもあると思いますが、

一部を紹介させて頂きました。

イビキの様な意識していないものから音の出るおもちゃなど、

共通しているのは音ですね。

(体臭はヒドイものでなければ皆同じなためまだマシ??)

みんながピリピリしている環境で、

周りにも影響を与えてしまうことです。

そんな緊急事態で大事なのは、お互いの協力です。

そんな時にケンカしている場合では無いので、

お互いが気を使いあう、助け合うことが一番役に立つことは間違いありません。

スポンサーリンク