【親子殺人】娘・広瀬由香利容疑者が母を刺す… 動機は???

シェアする

滋賀県で41歳の娘が母親を包丁で刺して殺害する事件が起きました。

スポンサーリンク

事件概要

母親(72)を包丁で刺して殺害しようとしたとして、滋賀県警近江八幡署などは28日、殺人未遂の疑いで、滋賀県近江八幡市鷹飼町の職業不詳、広瀬由香利容疑者(41)を逮捕した。

「母親を刺したのは間違いない」と容疑を認めているという。

母親は搬送先の病院で死亡し、同署は容疑を殺人に切り替えて詳しい動機などを調べる。

逮捕容疑は28日午後11時ごろ、同市内の県営住宅で、この住宅に住む母親の郁子さんの胸や腹などを包丁で数回刺し、殺害しようとしたとしている。

同署によると、郁子さんは自宅内で刺された後に部屋から逃げ出したとみられ、目撃者が110番した。

捜査員が駆けつけ、住宅前の路上で由香利容疑者を発見し緊急逮捕した。

出典;産経ニュース

親子間での殺人です。

包丁で数回刺したところから、

殺意があったように感じられます。

母親の郁子さんも逃げ出したにもかかわらず、

亡くなってしまったことが残念ですね。

スポンサーリンク

広瀬由香利容疑者のプロフィール

◇氏名:広瀬 由香利

◇年齢:41歳

◇住所:滋賀県近江八幡市鷹飼町

◇職業:職業不詳

顔画像を調べましたが、公開されていません。

また、フェイスブックのアカウントを調べましたが、

こちらも公開されていません。

スポンサーリンク

事件現場

◇現場:滋賀県近江八幡市鷹飼町の県営住宅

特定ではないですが、

駅の北東側に県営住宅団地が数棟建っています。

親子間での悲しい事件が起きてしまいました。

原因はわかっていませんが日本でもこのような事件が起きることを認識しました。

スポンサーリンク