新潟県三条市のひき逃げ事件。広田正夫容疑者(87)は運転できたのか… ??

シェアする

新潟県三条市でひき逃げ事件が発生しました。

69歳の男性をはねて死亡させ、逃げたとして逮捕されたのは広田正夫容疑者(87)です。

事故発生時の状況は??

事件現場は??

スポンサーリンク

事件概要

まずは事件についてみてみましょう。

新潟県警三条署は8日、同県三条市上保内、無職広田正夫容疑者(87)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

発表によると、広田容疑者は6日午後6時頃、同市柳沢の市道で乗用車を運転し、前を歩いていた同市松ノ木町、無職佐藤輝男さん(69)をはねて死亡させ、逃走した疑い。

調べに対し、「ぶつかったのは人ではないと思った」と話しているという。

現場は片側1車線の直線道路。佐藤さんは7日夕、市道脇に倒れて死亡しているのが見つかり、同署が捜査していた。

出典;読売新聞

乗用車で歩行者をはねてしまったようです。

広田容疑者は、

「人ではないと思った」と供述しています。

気がつかないものなのでしょうか??

スポンサーリンク

広田正夫容疑者のプロフィール

・氏名:広田正夫

・年齢87歳

・住所三条市上保内

容疑者は87歳です。

現代、問題になっている高齢者ドライバーですね。

人をはねたかも判断ができない事は問題ではないでしょうか。

顔画像は??

広田容疑者の顔画像について調べましたが特定できませんでした。

メディアでも公開されていないようです。

事件現場

事件現場は、新潟県三条市柳沢の市道です。

細かい箇所はわかりませんでしたが、田んぼに囲まれた、狭いが見晴らしの良い道路だと考えられます。

人通りの少ない田んぼ道ではスピードを出していた可能性があったかと考えられます。

スポンサーリンク

ネットの声

ネットの声をみてみましょう。

・自分も運転をしていて、危ない運転をしている高齢者の多いこと多いこと。
自動車は基本運転禁止で、免許を持っている人はそれを免除されているという基本に立ち返り、高齢者の免許更新を実技試験ありにしないとダメ。

・87歳!!!
運転したらダメでしょう。
高齢者の方々には大変失礼かもしれませんが
80歳位で返納って規則を作ってほしいですね。
元気な方もいらっしゃいますが、事故率が凄く高くなるので。

かなりの衝撃あったと思うし、普通なら確認するでしょう。
その前にその年で運転させたらダメ……
場所によると車がなきゃ話にならないくらい不便な所もあるので、そこらへんの対策して欲しいですね

出典;Yahooニュース

このコメント欄では、長い長文での意見が多く寄せられていました。

87歳での運転に反対意見ばかりがみられました。

仕方ないかもしれませんね。

最後に

高齢者ドライバーによる事故や高速道路での逆走などが問題になっています。

本人は気がついていないかもしれませんが、認知する力が衰えている事は間違い無いでしょう。

現行では免許を剥奪することができませんので、個人による判断を任せるしかないですね。

しかし、田舎では車がないと移動手段に困ります。

とても難しい内容ですが、あまりにこれらの事故・事件が多いので思い切って免許制度を見直す必要性もありそうです。

自動運転が一般化すれば変わるかもしれませんね。

スポンサーリンク