13歳に食事与えず32kg…保護責任者遺棄致傷の両親がエグい…

シェアする

食べ盛りの13歳にロクな食事を与えず、栄養失調にさせたとして両親が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件概要

衰弱した13歳の長男は、体重32kgになっていた。

中学生の長男を栄養失調の状態にしたとして、香川・坂出市の夫婦が保護責任者遺棄致傷の疑いで10日、逮捕された。

警察の調べによると、2人は、2017年4月ごろから2018年2月28日までの間、13歳の中学生の長男に対し、十分な食事を与えず、全治およそ2カ月に及ぶ栄養失調の状態にした疑いが持たれている。

中学生は診察を受けた時、体重が32kgしかなく、歩くのが難しい状態だったが、現在は回復しているという。

取り調べに対し夫婦は、「事実無根です」などと供述し、容疑を否認しているという。

出典;FNN

食べ盛りの13歳が32kgになるとは、よっぽどですよね。

命が助かって何よりです。

スポンサーリンク

両親のプロフィール

出典;FNN

◇氏名:(夫)不明

◇年齢:48歳

◇職業:歯科技工士

◇氏名:(妻)不明

◇年齢:31歳

◇職業:不明

この事件は、両親の氏名など、詳しいことがまだ公表されていません。

特定でき次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク