「大したことない」とひき逃げ…藤居真一容疑者逃亡…

シェアする

ひき逃げ事件が起こりました。

ぶつかったが、大したことないとそのまま逃げてしまうとは・・・

スポンサーリンク

事件概要

愛知県一宮市で6日夕方、自転車の高校1年の女子生徒を乗用車ではねてケガをさせた上、逃走したとして、会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、一宮市松降2丁目の会社員・藤居真一容疑者(43)です。

藤居容疑者は6日午後5時前、一宮市大宮3丁目の信号のない交差点で、自転車で帰宅途中の近くに住む高校1年の女子生徒(15)を乗用車ではね、そのまま逃走したひき逃げの疑いが持たれています。女子生徒は両足に軽傷を負いました。

目撃者が逃げた乗用車のナンバーや車種を通報したことから、持ち主の藤居容疑者が特定されました。

調べに対し藤居容疑者は「事故は大したことないと思った。ケガはしていないと思った」などと話しているということです。

出典;東海テレビ

事故は大したことではないということは、

接触した自覚はあったのですね。

であるならば、逃げてはいけません・・・

なんで逃げてしまったのか。

スポンサーリンク

藤居真一容疑者のプロフィール

◇氏名:藤居真一

◇年齢:43歳

◇職業:会社員

◇住所:一宮市松降2丁目

顔画像は公開されていませんでした。

事件現場

現場:一宮市大宮3丁目の信号のない交差点

小学校も近く、住宅も多い地域のようです。

近所の人たちは不安ですね・・・

ひき逃げは度々起きています。

なぜ逃げてしまうのでしょうかね・・・

このように報道されてしまうので、

焦ってもしっかり停まって確認した方が良いですね。

スポンサーリンク