【生活】2025年に医療崩壊!!!世界最高水準医療が崩れ去る・・・

シェアする

 

現代では、体調不良で医者に行くだけでなく、コンタクトレンズを買う場合でも眼医者に行きますね。

日本医療水準は世界一と言われています。

しかしそれが今、崩壊しようとしています!

一体何が起きているのか、しっかり理解する必要があります!!

スポンサーリンク

日本の医療は世界一!!しかし崩壊危機・・・

出典;メディカルズアイ

風邪を引けば内科に行きますね。

腰を出せば整骨院などに行きますよね。

日本は世界でも高い水準の医療を受けられることは皆さんも感じているでしょう。

しかし今、2025年問題という言葉が叫ばれてます!!!

 2025年問題とは

出典;ホームズ

現在、日本の人口は減っています。

15歳〜64歳の人口が7000万人まで落ち込み、65歳以上が3500万人を超す見込みです。

団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上に、5人に1人が75歳という、経験したことがない超超高齢化社会が訪れる・・

医療にかかる人がすごく増える・・・・

このままでは国の財政で医療費を賄えない・・・・・・

これが2025年問題です!!!

2025年問題への対策

日本の医療保険は、「病気にならなければ使うことができない」ように作られています。

また、「病気がもっと悪化してから行けばいいや」と言う考えも広まっています。

なのでこれらを、

「病気になる前の予防で使用して医療費を抑えよう」

という改革が必要になるでしょう。

保険制度自体に問題があるのですね・・・

スポンサーリンク

医者の報酬は意外と少ない・・・??

出典;【不動産・FX・お金】マネロビ

医者といえばお金持ちと言うイメージがありませんか?

なんと、主要先進国中において日本の医師の医療報酬は極めて低いそうです・・・

その結果、医師の過剰労働が生まれ、質の高い医療を提供することが難しくなっています。

医師の報酬は資本主義国家の日本でも国策によって決定されるので、社会の人件費・材料費が高騰してるのに、国の財政が悪くなれば医療報酬も下げられると言うことも起こっています。

これにより医療機関不足・医師不足が進みます。

近年では病院のたらい回し事件を報道されますが、これがもっともっと増えるわけですね・・・

確実に訪れる、今とは違う社会

出典;マネーの達人

病院がどんどん潰れ、医療現場もパンク、年金も「形だけで」ほとんど消えているでしょう。

それに拍車をかけるように認知症患者も増えたり、医療・介護費が膨れ上がります。

消費税増税でまかなうか、医療負担額を増額するか。

問題はすぐ目の前に来ています。

一人一人が考えなくてはいけない時期かもしれませんね!

何より、自分の身は自分で守らねければなりませんね・・・

スポンサーリンク