【変化】コンビニが24時間営業終了!!??その理由や影響は…??

シェアする

コンビニが24時間営業をやめる!!??

時代の変化で生活環境も変わってきていますが、この話が実現したら私たちの生活に影響が出そうですね。

一体なぜこのような話が出てきたのでしょうか・・・

スポンサーリンク

コンビニ24時間営業廃止説

出典;pixta.jp

コンビニが24時間営業であることは、私たちが生まれてから当然のことですよね。

駅構内やオフィス内に併設された店舗を除いて、95%が24時間営業を行っています。

これが今、変化しようとしています!!

大手コンビニエンスストアは、店舗数が拡大している一方で、アルバイトなどの店員の確保が難しく人手不足が深刻化している為、客数の少ない深夜帯に店を閉める店が出始めています。

これが拡大し、ほとんどの店が24時間営業を廃止するかもしれません!!

顧客の奪い合いが激化する中、各社での経営方針や対応により大きく変わってきそうです・・・

ファミリーマートの対応

出典;ファミリーマート

ファミリーマートは現在、深夜帯の営業をやめたり、併合する自動販売機のみの営業を行うなどの実験を行っています。

沢田社長も、

「深夜営業が”必要ない所”は必要ない」

と割り切った考えを持っています。

地方などから行動に移りそうです。

24時間営業廃止に先陣をきっていますね。

ローソンの対応

出典;ローソン

ローソンは人手不足対策として、スマートフォンのアプリを使って顧客が代金決済を行う仕組みを開発、深夜のレジ無人化実験を行う予定です。

買い物は全て顧客の1人で行うが、裏手で従業員が見張りをする形になります。

これで少ない人員で店を回すことができそうです。

竹増社長は、

「24時間営業だからこそ、防災・防犯になりうる」

との考えを持っています。

(実際人はいるが…)無人レジとは、どのような形になるのか楽しみです。

セブンイレブンの対応

出典;セブンチケット

この中で業界大手のセブンイレブンは24時間営業を継続する方針です。

古屋社長は、

人手不足はしておらず、労働環境を整備することが対応策

としています。

深夜に店を閉めることで、店舗への納品や品出しで作業が回らなくなるなどのデメリットを見ているようです。

スポンサーリンク

社会の流れ

出典;ITmedia

現代では労働時間や労働環境などの働き方改革が叫ばれています。

これに加えて東日本大震災では電気供給問題で深夜営業の是非が問われました。

これに加えて人員不足が加わったことにより、スーパーや飲食店でも元日営業をやめたところも多く見られました。

もしかしたら社会の変化の狭間なのかもしれません!!

事実、Amazonも完全無人レジの「Amazon Go」を開発しています。

レジが無いことが当たり前になるかもしれません・・・

ここでAIの力を借りる事もまた、人類の進化でしょう。

今後、コンビニの営業状態がどのようになるのか楽しみですね!!

スポンサーリンク