横浜市都筑区の保育士、抱っこで自転車子供死亡…危険運転で書類送検。正しい3人乗りは??

シェアする

神奈川県で、1歳4ヶ月の乳幼児を抱っこして自転車運転した際に転倒し、この子供が死亡する事故がありました。

母親は過失致死の疑いで書類送検されました。

抱っこしての自転車運転が危険だという事をご存知ですか??

スポンサーリンク

事故について

この事故についてみてみましょう。

電動自転車で走行中に転倒し、抱っこしていた当時1歳4カ月の次男を死亡させたとして、神奈川県警は14日、横浜市都筑区の保育士の母親(38)を過失致死の疑いで書類送検した。

専門家や業界団体は、乳幼児との同乗はバランスが不安定になりがちだとして注意を促している。

県警都筑署によると、母親は7月5日午前8時25分ごろ、同区の市道で、次男を抱っこひもで前に抱え、左手首に傘を提げた状態で電動自転車を運転。

過失によって転倒して次男の頭を強く打ち付け、死亡させた疑いがある。

残念な事故です。

母親は保育士でした。

尚のこと、我が子が可愛かったでしょう。

この時の状況を見てみましょう。

雨が降っていて母親はかっぱを着ていたが、提げていた傘が自転車のフレームと前輪の泥よけの間に挟まったことで、ハンドルが動かなくなり、転倒につながったと署はみている。

母親は前部の幼児用座席に事故当時2歳だった長男を乗せ、次男とともに保育園に送り届ける途中だった。

ヘルメットをかぶっていた長男にけがはなかった。

自転車を運転するには不安定な状況だったと考えられます。

前方には長男が座っていましたが、ヘルメットを被っており、ケガがなかったとのこと。

ヘルメットの必要性を感じますね。

自転車は前後に幼児用座席が取り付けられ、幼児2人を乗せる安全基準を満たしていたが、後部席には荷物を置いていたという。

出典;朝日新聞デジタル

後部座席には荷物が置かれていました。

後部座席に1歳4ヶ月の子供は座れなさそうですね。

生活の中でこのような事故により幼い命が亡くなってしまうことに心が痛くなります。

今回の事件で眉間にシワを寄せてばかりはいけません。

世の中のお母さんは忙しく、大変です。

しかし、危険行為はこのような結果になります。

では、子供が2人いる場合の自転車乗車はどうすればよかったのでしょうか。

スポンサーリンク

自転車の3人乗り方

道路交通法では、

2009年7月の一部改正により、安全基準を満たす自転車に限り『幼児2人の同乗』、すなわち『3人乗り』が晴れて解禁されました。

あくまでも『幼児2人同乗基準適合車』使用の場合に限り違法ではなくなりました。

こちらが『幼児2人同乗基準適合車』のマークです。

やはり基準適合自転車を利用することが一番ですね。

では、それ以外の自転車には乗れないのでしょうか??

座席に座れない乳幼児などはどうすれば??

以下の条件を満たす場合のみ 『幼児1人』が同乗できます。

・運転する人は16歳以上であること
・子どもは、おんぶ紐等で確実に『背負った』状態であること
・おんぶで乗せられるのは4歳未満
・自転車に取り付けた幼児用座席(チャイルドシート)に乗せられるのは、6歳未満(なお、適応年齢や耐荷重などはチャイルドシートの基準に従う)
参考;いこーよ

おんぶ紐の使用も可能なのですね!!!

しかし、『背負った』状態が条件で前方の抱っこはダメなのです。

また、各都道府県の『道路交通法施行細則』によってルールが異なります。

ちなみに今回の事故があった神奈川県では、

出典;神奈川県警察

前方席に1人、背中に1人を背負う状態は可能です。

今回のように前方に抱いての運転行為は認められません。

スポンサーリンク

ネットの声

ネットの声を見てみましょう。

・自らの過失で子供を亡くして、自分が起訴されるかもしれないとなると他人事ながらやるせない気持ちになる。虐待死ではあるまいし、他の家族を思うと亡くなった子供を早く弔ってこれまでの生活に戻ってほしいと思う。

・危ない乗り方だと思う…けど。
そこまでして乗らなければならなかった状況を憂います。
雨で、車がなくて、出勤しなくてはならなくて、タクシーなんて使う時間的余裕も経済的余裕もなく、二歳以下の子供二人抱えて、可愛い我が子が濡れて風邪をひかないように、抱っこでカッパに入れて…
命がけの出産後から1年くらいの女性がここまで大変な思いをするこの国ってなんなんだろう。
可愛い我が子を自分のせいで失ったのに、前科もついて。前科があったら就けない福祉職もあるというのに。
他人に迷惑かけなくて良かったと、不幸中の幸いはそこだけ。

・これを激しく非難できる人の気持ちがわからない。
母親は、一生懸命やってたのが逆にわかるよ。
見せしめみたいに、なってしまったけど、自分も気をつけていかないとと思わされました。

出典;Yahoo!ニュース

今回ほど悲痛なコメントが多い件はありません。

自分の過失で我が子を亡くしてしまった事を心苦しく思う声があります。

また、母親の忙しさやグズル子供をあやす事を考えるとおんぶする事も分かるとの声もありました。

最後に

『母親は世界一忙しい仕事だ』というと言葉もあります。

24時間忙しいことを考えると頭が上がりません。

しかし、今回のように切ない事故もあります。

我が身を、我が家族を守るという考えで、今回の事例を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク