懲戒解雇のJR九州・伊集院駅の男性駅員は誰?? 不祥事が続くJR九州…

シェアする

JR九州グループの駅員が、

落し物のICカードを正規の届け出をせずに着服していたとして、

鹿児島線伊集院駅男性社員を懲戒解雇しました。

お客様の所有物をネコババしたという事ですね。

(ネコババと言う言い方が軽いですが)

スポンサーリンク

解雇された男性駅員は誰なのでしょうか??

事件概要

まずは事件を見てみましょう。

JR伊集院駅の男性駅員が駅に届けられた落し物のICカードの残額を着服していたことが分かりました。この男性駅員は4日付けで懲戒解雇されました。

懲戒解雇されたのは、JR九州の関連会社、JR九州サービスサポートの社員で、伊集院駅に勤務していた30代の男性駅員です。

JR九州によりますと、この男性駅員は今年7月11日に伊集院駅に届けられたICカード1枚を落し物として処理せず、カード残高を着服したということです。

ICカードには残高が3181円あったということですが、男性駅員はこのICカードを家族名義で再発行し、先月17日から29日までの間、10数回にわたって2292円分を電車の運賃として使っていたということです。

男性駅員は「家族旅行で使用した」と話し、着服を認めているということです。

JR九州サービスサポートはこの男性駅員を4日付けで懲戒解雇しました。

出典;MBC

落し物のICカード、

”駅員”であるなら正しい処理をしなければいけませんね。

ICカードに入っていた金額が3181円だったことから軽い気持ちだったのでしょうか。

”落とし主も諦めただろう”と感じたのでしょうか。

しかしバレるものですね。

ネコババと言うと軽いですが、

着服と言うとしっかりと罪に感じます。

結果として解雇されてしまいました。

勿体無いです・・・

スポンサーリンク

JR九州サービスサポートとは?? JR九州社員じゃないの?

ところで、

JR九州グループの駅員が…

JR九州サービスサポートは…

などと言う言葉が目につきました。

JR九州の社員じゃないの??

と、思いますよね。

やはり大きい会社なだけあって関連会社・グループ化しているのですね。

今回のJR九州サービスサポートは、

掃除事業・物販事業・ビル管理事業などを行っています。

出典;JR九州サービスサポート株式会社ホームページ

なのでJR社員と聞くと車掌や運転士などを想像しますが、

それ以外にも働いている方がいる事を改めて考えます。

日本の駅はいつも綺麗ですので、

ありがたい事です。

現場の駅は??

JR九州の伊集院駅はどこにあるのでしょうか。

鹿児島県日置市伊集院町徳重にある、鹿児島本線の駅です。

一日の利用者数は2500人前後ほどです。

スポンサーリンク

解雇された男性は??

解雇された男性は誰なのでしょうか。

現在わかっている情報です。

氏名不明
年齢30代 男性
職業JR九州サービスサポート元社員 伊集院駅勤務
住所不明

現在わかっているのは30代男性で、

伊集院駅に勤務していた事です。

それ以外の情報は公開されていません。

スポンサーリンク

JR九州でまた不祥事??

同時期にもう1つ、JR九州で不祥事がありました。

またJR九州は、3日朝、日豊本線の鹿児島駅と錦江駅の間を走っていた普通列車で、改札業務のために乗っていた50代の男性車掌が客席に座って居眠りをしていたと発表しました。

男性車掌は「車掌がほかに2人いて乗務員室が窮屈だったので、客席に座ったら寝てしまった」と話しているということです。

JR九州は「職員への指導を徹底し再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

出典;MBC

客席で寝ていたようです。

これだけ見ると怠慢に感じざる終えませんね。

しかし、お疲れだったのでしょう。

フとした時に寝落ちしてしまう気持ちもわからなくありません笑

不祥事にも種類がありますね。

1つ目の様に明らかに故意であることと、

2つ目の様に不可抗力に近いことと。

日本は厳しすぎるとも感じますが、

それを言う前にルールを守り合うことが大事だとも考えさせられる内容でした。

スポンサーリンク