片貝まつり’2018 の無料有料駐車場情報は??シャトルバスは利用出来る??

シェアする

夏の風物詩である花火大会。

今回は新潟県小千谷市の『片貝はなび』について紹介したいと思います。

駐車場はどこにあるの??

何でいけばいいの??

そんな悩みを解決する情報も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

片貝はなび2018基本情報

まずは基本情報です。

・開催日:2018年9月9日(日)~10日(月)

・開催場所:新潟県小千谷市片貝町

・開催時刻:19時30分~22時20分

・四尺玉打ち上げ時刻:両日とも午後10時に打上げ

・雨天について:雨天でも打ち上げ(台風の場合風速10m以上で警戒発令時は順延)

プチ情報として、

・打ち上げ場所:片貝町朝原神社裏手

・打ち上げ数:15,000発(2日間)

・正式名称:浅原神社秋季例大祭奉納大煙火(片貝まつり)

・毎年の観覧数:18万〜20万人

・有料席:2日間通しで3万円

一般的に花火大会は海や川など、

水辺で行われることが多いですが、

この片貝花火はなんと、

山中で行われるのです・・・

(火の始末は大丈夫なの??)

なんて心配にもなりますよね。

しかしそれだけ心配になると、

逆に興奮しませんか!!??

そんな大花火を求めて多くの観客が毎年訪れています。

しかし、大勢の人が集まると”思うように”いかない事が起こります。

気になるのは駐車場ですよね。

・田舎だし、路駐できるのでは・・・

・行けばなんとかなるでしょ・・・

そう思っていて、

いざ着いたらどこもダメ・・・

田舎の細い道が大渋滞・・・

調べとけばよかった・・・

そうならないためにも、公式情報を知っておきましょう。

スポンサーリンク

片貝地内道路(無料駐車可能)3ヶ所

まずは無料駐車情報です。

  ・片貝バイパス片側:700台

  ・市道片貝環状線片側:40台

  ・市道高見五之町線:60台

なんと、路上駐車が認められている無料区間があります。
しかし人気も高いことは予想がつきますね。
利用の際には午前中からの利用をお勧めします。
ただし、事故・渋滞防止のため、
午後11時までの移動をお願いされています。
 
 

片貝地内有料駐車場 6ヶ所 

(普通車:2000円/1台)

  ・イオン小千谷店:300台

  ・小千谷市総合体育館:300台

  ・白山運動公園:400台

  ・西部工業団地/(株)第一測範製作所:200台

  ・西部工業団地造成地:50台

  ・西部工業団地/(株)越後製菓小千谷工場:100台

近隣の商業施設などが敷地を貸し出しています。

詳しい場所は公式の交通案内図等をご覧ください。

また、有料・無料駐車場のリアルタイム情報を、

随時更新してくれています。

ぜひ、ご確認ください。

→小千谷市観光協会

スポンサーリンク

あってよかったシャトルバス情報

近くに停められなくても、

少し遠方の駐車場に”駐車”して

利用できるシャトルバスも出ています。

小千谷方面シャトルバス利用者駐車場(無料)

バス料金:片道 400円 (小人 200円)

  ・イオン小千谷店300台

  ・小千谷市総合体育館300台

  ・小千谷市白山球場400台

  ・西部工業団地 第一測範製作所200台

  ・西部工業団地 越後製菓小千谷工場100台

  ・西部工業団地(造成地)40台

シャトルバスは以下のコースを通ります。

イオン小千谷店

→小千谷総合体育館

→白山運動公園

→西部工業団地

→片貝製作所

→会場近辺 花火観覧場所まで徒歩15分で到着

スポンサーリンク

そもそも片貝までのアクセス

そもそも片貝までどうやって行くの??

いくつか手段があります。

1.JR小千谷駅から急行片貝経由長岡行バス:約20分

2.JR長岡駅から急行片貝経由小千谷行バス:約30分

3.関越高速道小千谷インターから片貝まで車:約10分

4.関越高速道長岡インターから片貝まで車:約20分

5.関越高速道長岡南越路スマートインターから片貝まで車:約10分

小千谷市街地方面と長岡・越路方面、両方からのアクセスが一般的かと思われます。

ただし、注意点があります!

長岡・越路方面からは午後になると片貝方面へは規制がかかり遠回りとなり 時間がかかります

規制に関してはこちらをご覧ください。

コインパーキングはないの??

近辺にコインパーキングはないの???

調べたところ、

片貝はおろか、

小千谷市にコインパーキングはないようです。

→ネットパーキングドットコム

→コインパーキングダム

→タイムズ駐車場

近年では路上駐車に対しても厳しくなり、

カラーコーンで対策されていたり、

最悪イタズラされてしまいます。

やはり公式の駐車場を使用する事をお勧めします。

改めてどんな祭りなの??

花火は夏の風物詩というイメージが強いかと思います。

夏を彩る花火大会も日本全国で行われていますね。

そんな数ある大会の中でも、

日本で唯一!!!

いや、

世界で唯一!!!!!!!

(すごくないですか!!!???)

4尺玉を打ち上げるまつりがあります。

その名も、

『片貝まつり』です。

すなわち、

一発の打ち上げで、

一番大きい花火を見れるのは、

ここだけなのです・・・

そんな花火を人生で一度は見て見たいですよね・・・

この4尺玉はギネスにも載っており、

花火ランキングでも常に上位に位置するビッグイベント、

最後に

『片貝まつり・大花火』は地元住民に愛されており、

住民によって開催されています。

そのため近隣施設も快く駐車場を提供してくれています。

そんな敷地にて、

翌日にゴミの山が捨てられていたらどうでしょう。

翌年からの開催や施設利用に大きく響き、

場合によっては協力してもらえない自体になり兼ねます。

ゴミの持ち帰りやマナー等、

基本ルールは各自で守るように心がけましょう。

スポンサーリンク