【殺人&遺棄】父親をハンマーで殺害し海に捨てた小林大介の画像!!

シェアする

愛知県豊橋市で男性が2年前(2016年10月)から行方不明になっていました。

愛知県警は2018年2月10日、

この男性の遺体を遺棄したとして、

男性の次男の小林大介容疑者を逮捕・送検しました。

スポンサーリンク

父親の遺体を海へ遺棄!!

出典;JNN

2016年10月22日に小林生治さんが行方不明になり、
10月31日に長男が警察に捜索願を出しました。

出典;JNN

その際、警察が任意で事情聴取を行ったところ、

次男の大介容疑者が、

「ゴムボートを使って(遺体を)海に捨てた」

と供述しました。

大介容疑者の殺害供述

出典;JNN

また、遺棄だけでなく殺害に対しても、

「殺害も遺体の解体も、父親の家の敷地内でやった」

「遺体を電動ノコギリで2つに切断した」

「ハンマーで頭を殴って殺した」

と供述していました。

三河海上保安署と愛知県警察は合同捜査本部を設置、

大介容疑者が供述した遺棄現場付近の海域を捜索したが、

遺体は発見出来ていません・・・

しかし、徐々に大介容疑者の供述を裏付ける証拠が複数見つかってきているようです!!!!

スポンサーリンク

家庭環境と動機

出典;JNN

被害者となった父・生治さんは不動産業を経営していましたが、

その前には農業を経営していました。

その農業を十数年前に次男の大介容疑者が引き継いだそうです。


知人の1人は
「温和な人で、トラブルに巻き込まれるようなことは想像できない」

と話していました。


大介容疑者は、

「母親に暴力を振るう父親に腹が立った」

「母親への暴力をやめさせようととして口論になった」

などとも供述しており、犯行動機の可能性がありますね。

今後も事件の詳細について追っていきたいと思います!!!!

スポンサーリンク