【通り魔】小島一朗容疑者の顔画像と過去…

シェアする

東海道新幹線の車内で、乗客3人が刃物で襲われ死傷した事件がおきました。

男は精神疾患を患っており、家族ともトラブルを抱えていたようです。

スポンサーリンク

事件概要

東海道新幹線の車内で、乗客3人が刃物で襲われ死傷した事件で、逮捕された男が2017年12月、親族宅を出たあと、連絡が途絶えていたことがわかった。

親族などによると、小島一朗容疑者(22)は、中学生のころ、精神的な疾患があると診断され、家族とのトラブルも起きていた。

小島一朗容疑者の実の父親は「夜にわたしの寝室に入ってきて、包丁と金づちで威嚇するような感じで」、「取っ組み合いました」などと話した。

同じ時期に小島容疑者は、自立支援施設で生活を始め、19歳で職業訓練校を卒業したあと、職を転々とする一方で、治療のために4カ月間、入院していたという。

小島容疑者は2017年12月、「自由に生きたい」などと言って、祖母の家から出て、連絡が途絶えていた。

出典;FNN

新幹線内での通り魔です。

過去には包丁を使って父親を縅す行為など行なっていました。

社会に馴染めなかったのか、今回このような許せない事件になってしまいました・・・

スポンサーリンク

小島一朗容疑者のプロフィール

出典;FNN

◇氏名:小島 一郎

◇年齢:22歳

◇職業:無職

精神疾病の過去と、それに伴う入院歴があります。

これらで悩んでる方はたくさんいます。

だからこそ偏見を持ちたくはありませんが、

こんな事件がおきてしまうと残念でなりませんね。

スポンサーリンク

ネットの声

そんな危なっかしい人物を簡単に世に放ったり…車内に制圧用の道具もない。起こるべくして起きた事件かもね?

もっと何とかならないかな?(・・;)
ネットランチャーやサスマタ等を常備しないと、この手の事件はまた起きるよ。

今、事件を起こす前の犯人と同じ状況の人間は沢山いるのかな。犠牲者を出さないために、そして本人のためにも、片っ端から保護して欲しい。

「治療のために4カ月間入院していた」「精神疾患のため入院していたが、退院してすぐに事件をおこした」というようなこの類の事件の報道を見る度に、こういう患者さんをどういった判断で退院をさせるのだろうと思う。

出典;Yahoo!ニュース

精神障害者への厳しい目が向けられています。

このような事件が起きるなら・・・

という気持ちになりかねないのでしょう。

だからこそ、この類の事件は罪が重いです。

これも一種のテロです。

新幹線・電車も安全な場所ではなくなってきたかもしれません・・・

スポンサーリンク