【相模原殺傷事件】大石明彦容疑者の犯行動機はなんだったのか…!!

シェアする

昨年12月に相模原市で、

男性が刺されて殺された事件の犯人が捕まりました。

半年経って捕まった犯人はどんな人物だったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件概要

相模原市南区の路上で昨年12月、帰宅途中の男性会社員が刺されて殺害された事件で、神奈川県警は7日、同区大野台5、自称派遣社員、大石明彦容疑者(40)を殺人容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、昨年12月12日午後11時半ごろ、同区大野台6の路上で、近くに住む会社員、松岡隆行さん(当時60歳)の腹部などを刃物で刺して殺害したとしている。松岡さんは搬送先の病院で約12時間後に出血性ショックにより死亡した。

出典;毎日新聞

40歳の男が60歳の男性を刺しました。

2人は顔見知りだったのか。

それとも通り魔的犯行だったのか。

気になりますね。

スポンサーリンク

大石明彦容疑者のプロフィール

◇氏名;大石明彦

◇年齢:40歳

◇職業:自称派遣社員

◇住所:神奈川県南区大野台5

顔画像はまだ公開されていません。

しかし、住所などは比較的詳しく発表されています。

スポンサーリンク

事件現場

現場:相模原市南区大野台6

大石容疑者が南区大野台5に住んでおり、

現場が南区大野台6です。

動機などまだわからない事が多いです。

とりあえず犯人が近まって良かったです。

スポンサーリンク