【そんな努力…】佐伯和彦容疑者顔を見せて!!!埼京線で手作り盗撮棒

シェアする

JR埼京線の車内で、女性にわいせつな行為をし、

線路に下りて逃走していた36歳の男が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件概要

逮捕されたのは、兵庫県姫路市の派遣社員・佐伯和彦容疑者。

警視庁によると、佐伯容疑者は今年4月、JR埼京線の下り電車内で、22歳の会社員の女性の下半身に棒のようなものを押し当てるなどわいせつな行為をした疑いが持たれている。

棒のようなものの先端には照明付きの小型カメラが取り付けられていて、警視庁は盗撮しようとしていたとみている。

佐伯容疑者は、乗客の男性に取り押さえられたが、ホームから線路に下りて逃走していた。

佐伯容疑者は盗撮目的で上京したとみられ、調べに対し、「盗撮はしたが、わいせつ行為はしていない」と容疑を否認しているという。

出典;NNN

4月から2ヶ月間逃げていたということでしょうか??

わざわざカメラを仕込んだ棒を作り、

兵庫県から盗撮目的で来たとなると、

かなりの執念です・・・

スポンサーリンク

佐伯和彦容疑者のプロフィール

出典;NNN

◇氏名:佐伯 和彦

◇年齢:36歳

◇職業:派遣社員

◇住所:兵庫県姫路市

警察に連行される際に撮られていますが、

顔を隠しているため素顔は確認できません。

スポンサーリンク

ネットの声

捕まるかもしれないのに、どうして下着なんか撮影したがるんだろう。

「盗撮はしたが、わいせつ行為はしていない」
これって言い訳?(笑)

こういう奴は女性の敵であるのはもちろんだが、健全に通勤してる男の敵でもあるからな。

出典;Yahoo!ニュース

このような行為があるから男性が肩身の狭い思いをするのです。

しかし、手作りで状況、

かなり気合を入れて来たのですね。

その力を違う方向に向けて欲しいものです。

スポンサーリンク