【禁止事項】相次ぐ角界の不祥事!!えっ??知らなかった禁止事項…

シェアする

またしても不祥事・・・

力士による不祥事が目につきますが、その中で知らなかったという相撲界のルールが話題になっています!!

あなたは知っていましたか????

スポンサーリンク

またまた不祥事

出典;スポーツ報知

相撲界初のエジプト出身にして、相撲界初のイスラム教徒という異色の力士である大砂嵐

2012年3月場所に初土俵を踏んで以来、次々と実力を発揮しました。

その大砂嵐が追突事故を起こしたとしてニュースになりました。

しかしただの追突事故ではなかったようです・・・

大砂嵐は2018年1月3日、旅行先の長野県で追突事故を起こしていました。

当初は妻が運転していたと語っていたが、警察の捜査により大砂嵐自身が運転した事が判明、

なぜ大砂嵐はをついたのでしょうか・・・

今回の件では一般人にはピンとこない内容が出てきました。

嘘をついた理由

事故当初は、

「妊娠している妻の事故をかばうために運転席に移った」

「自分は運転していない」

と嘘を主張していました。

なぜ嘘をついたのか・・・

警察の捜査で大砂嵐は免許を所持していない、すなわち無免許運転をしていた事がわかりました!!

これだけでも大事件です・・・

しかし、もうひとつ理由がありました。

日本相撲協会では現役力士の運転を禁止しています!!

力士と協会は誓約書まで交わすほどです。

この誓約を破った事がバレないように嘘をついたのですね・・・

ここでまた疑問が出てきました・・・

なぜ相撲協会は力士の運転を禁止したのでしょうか。

スポンサーリンク

力士の運転禁止・交通手段

出典;巡業レポート – 日本相撲協会公式サイト

これは、1985年に当時の水戸泉(現錦戸親方)が交通事故を起こし、負傷した事から禁止になりました。

力士としての自覚を持たせるためでもあると言われています。

交通手段も番付で決まっているのです!!

幕下は公共交通機関限定

十両はタクシー使用可能

幕内以上は運転手付きの車

格付けされている所が日本のスポーツという感じがします・・・

ルールで禁止されていても、力士による運転や事故は何度もあるようです。

改めて考えると、

どの世界にも独自のルールはあり、そしてルールを破る人もいる事が良くわかりました!!!!

とはいえ問題の多い相撲界、これ以上イメージと威厳が下がる事はやめて頂きたいですね。

スポンサーリンク